連載コラム

第4回:「嘘だらけの見積書」 その1

2007-11-25

家の価格は不透明なもの

設計事務所は自分のデザインを売りたい。そして、お客さまはそのデザインを買いたい。このとき、「幾らですか?」と尋ねて、「○千万円です」という返事をもらうことが大切です。なぜなら、請負金が分からないと普通は設計費が決まりません。
曖昧なままにしておくと、どんどんコストがかかって請求時にもめないとは限らないからです。

でも設計事務所の多くは、基本設計の段階ではお金の問題を置き去りにして、住宅をビジュアル的な要素から決めていきます。お客さまの方でも、自分が準備できる金額を口に出すのが恥ずかしいのか、ギリギリになるまではっきりとした予算や上限などを言いません。そうこうしているうちに、費用の概算を出すことが後回しにされてしまうのです。なにしろ家を建てたいと言うお客さまは「素人」です。パッと見た印象で、家の部品が良いものか悪いものかを判断することはできたとしても、適正価格や対象物の差額までは分かりませんよね。
日本の家づくりの主導権は業者側にあるのです。

私たち適値.comは、見積りの比較を仕事にしていますが、一般的な設計事務所から大手ハウスメーカーまで、日々の業務に追われてじっくりと設計業務を進めることが困難なのは、問題だと思っています。
比較には、基本設計をもとにして算出する総費用の見積書が欠かせないからです。しかも、まずは概算を知り、業者ごとに見積りを比較すればちゃんとコストを抑えることができるということを知らない人が多いのも本当に残念でなりません。

⇒適値ブログ 連載コラム一覧ページへ戻る

第3回:「比較・検討するメリットは何?」 本当はこんな落とし穴が潜んでいる その2

2007-11-25

多くの人が引っかかる“人間トラップ”

家づくりに関する失敗例の中には、悲劇そのものの話から笑い話のネタになるようなものまで多々あります。しかし、共通して言えることは、その引き金となった情報のほとんどが、住宅を供給する企業や人たち側から提供された、「家を売るための情報」という側面を持つことです。

現実とのギャップに失望しないためにも、「家を建てる過程は難しいから、詳しい人に早く丸投げしたい、バトンタッチしたい、リーダーシップを取って欲しい」という考えは捨ててしまいましょう。
住宅業界は、「お任せ」で良い家が出来るほど親切な業界ではありません。どんな価値観やライフプランを持ったお客さまを相手にしても、結局は自社の設計手順や仕様に当てはめて、効率の良い「標準化」を押し進めていく業者はどこにでもあります。

皆さんの多くは、これから「家を建てる」ためのスタートを切る方がほとんどだと思いますが、今後どこかで営業マンと言葉を交わす機会が増えていくはずです。そして1番最初に出合った営業マンが、そのままズルズルとあなたの家が完成するまでのパートナーとなる可能性が高いのです。
彼は、あらかじめ用意してある標準プランの中から、自社に利益の高い提案をするでしょう。きちんと個別に対応している業者と比べれば、設計作業が重視されていない姿勢は鮮明ですが、そんな所に本当に全て「お任せしたい」と思いますか?

そんな業者は数少ないないよ、と思われがちですが、例え「たまたま電話で連絡を取ったときに電話に出た人」や、「たまたま資料請求の返事を出した人」、展示場や現場見学会などで「偶然あなたを担当しただけの人」が“ハズレ”でなく、“当たり”のトークであなたを魅了しても、心の中では「このお客さまの要望は、本来ならうちの会社の規格外だ」と思っているかもしれません。
営業マンには契約ノルマあるので、とにかく全力で落とそうとします。お客さま自身、期間限定の大幅値引きやキャンペーン特典の話を持ち出されれば、長時間を費やして考えた希望を削ってでも妥協しないとは限りませんよね。

建設業界は、本来「3K=汚い、怖い、きつい」といった“何事にも厳しい業界”です。実際に家を建てる職人と彼ら営業マンの関係を考えると、「何でも提案して、向こうからその解決策を出してくれる」=「信頼」ではないことが、よく分かると思います。

⇒適値ブログ 連載コラム一覧ページへ戻る

第3回:「比較・検討するメリットは何?」 本当はこんな落とし穴が潜んでいる その1

2007-11-25

「変だな」と感じたことは警戒しておく

見積もりを比較検討していくことは、とても難しいという話をしました。書いてある言葉は専門用語ばかりですし、各社ごとに記入の仕様も異なるので、知識がなければ、結局は合計金額の比較程度しかできません。そして、自分がイメージする「良い家」と、住宅会社が考える「良い家」の完成予想図には差が出るかもしれないし、一体どこがどう違うのか知らなければ違和感の抱きようもありません。

それは契約前でも契約後でも起り得ることですが、特に悲惨なのは、契約後の計画を煮詰める段階で、お互いの信頼関係が崩れてしまうことです。中には裁判沙汰になったり、工事の途中で放置されてしまう家もあるんですよ。与えられた情報が正しいか間違っているか、そうした相談に乗ってアドバイスをしてくれる人間がいないと、知らぬ間に深い落とし穴にはまっていくことが予想されます。

よくある一例として、やはり「イメージしていたものと実際の仕様が違う」という問題があります。これは期待と共に資金を投入するため、何よりもお客さまの苦痛になります。次に、「工法的に要望を満たせないことが“後で”分かってオプション料金を取られてしまう」こと。見積りをした段階からずっと、予算よりもだいぶ低い金額で収まると言っていたのに、急に申し訳なさそうに料金アップの相談をされたら糠喜びしたことが悔しくなるでしょう。

どうしてそんなことが起るのか、少し考えてみて下さい。

私たち適値.comでは、賢く家を建てるためのお手伝いをする中で、お客さまから「もう少しコストダウンする方法はないか」という相談を受けています。信頼できる業者から見積りを得ているので、そのようなトラップに引っかかることはありませんが、一般的には先程の例のように、「大体の相場からの大幅な値引き」を提案してくる業者も存在しています。
つまり、彼らは最初から実際の金額を安く見積もって割安感を演出していたのです。お客さまは、とにかく途中で家を建てること断念する訳にいかないので、仕方なく支払うしかありません。また、こちらから常識的に考えて無理な値引きを要求しても信頼関係は築けません。

⇒適値ブログ 連載コラム一覧ページへ戻る

第2回:「比較・検討するメリットは何?」 情報ソースのアレコレ その3

2007-11-24

どんな情報も参考までに

多くの家は、初めから「まぁまぁ」の材料で建てられます。広告時にいくら素晴らしい宣伝文句を並べてみても、住宅業界のプロの目で見ると、「おかしな家」にしか見えない写真も数多く出てきます。つい先日も、技術的に不可能な位置で接している天井とドアの写真を発見しました。

もちろん全ての業者が行っていることではありませんが、住宅に関する知識が乏しければ、それはパッと見てきれいな外観をした家にしか見えません。せっかく建てる「理想の住まい」だからこそ、住宅は「売ってなんぼ」と、契約を取ることのみを重視している業者には引っかからないように注意して欲しいと思います。

例えば「木」も、表面以外の素材については簡単に誤魔化せてしまえるのです。
木材利用だけでなく、住宅の内外装や工夫次第でどこにでも使える木には、CBC、ムク材、ランバーコアなど、思いつくだけでも様々な種類があります。そして誤魔化しに慣れた業者を通すと、「それなり以下」の素材でどんどん工事が進められていくことがあるのです。もっとも、依頼者が“根拠のある情報”をもとに、自分にとっての「本物」と「偽者」の違いを判断した上で、納得していれば問題はないし、損はしませんが、思い違いをしても訂正されずにお金を払っていたら、「良い家を作りたい」という思いが裏切られることになります。

「理想の住まい」をどのような材料でどのように造るかは、素材や価格、工期、室内環境などによっても異なってきますが、肝心なのは、自分で情報を見分ける目を持とうとする意識と、適切なアドバイスがあるかどうかではないでしょうか。

⇒適値ブログ 連載コラム一覧ページへ戻る

第2回:「比較・検討するメリットは何?」 情報ソースのアレコレ その2

2007-11-23

“1番知りたい情報“がない理由

私は住宅業界に二十数年いますが、この業界は他と比べて特殊で分かりにくいところです。常識が通用しない部分も多々あり、「クレーム産業」と呼ばれることさえあります。

第一の原因は、価格単価に対する統一基準がないからです。業者によって値段もバラバラなので比較が難しく、「家を建てよう」と思った方が、数千万円のお金を持って一人立ち向かって行くには、余りにも厳しい世界と言わざるを得ません。依頼者と業者の間にズレが生じるのには、こうした業界の事情があるのです。二つ目に、テレビなどでよく扱われている「欠陥住宅」の問題。しかもこれは氷山の一角に過ぎず、騙しのような手口や手抜き工事が堂々と行なわれている実態があります。

お客さまの中に、「住宅業界で評判の良い会社が知りたい」「優秀な設計事務所の一覧はないのか」と尋ねる方が多いのも、手近なノウハウ本やポータルサイトには、何故かそういう情報が載っていないからでしょう。

確かに、「あなたの街の人気ハウスメーカーベスト3」という記事は見たことがありません。これは、うっかり特定の企業や商品の特集を組もうものなら、宣伝媒体の高額な広告費用や待遇をめぐって揉め事が起こるので、“紹介”はしても“格付けをしない”ことが業界の暗黙のルールになっているためです。

⇒適値ブログ 連載コラム一覧ページへ戻る

第2回:「比較・検討するメリットは何?」 情報ソースのアレコレ その1

2007-11-21

あなたの入門書は何ですか?

「比較・検討をするメリット」とは何かを考えるためには、あなたが持っている家に関する「情報」について、少し見直しが必要になってきます。あなたが一番初めに「住宅情報を仕入れた媒体」を思い出して下さい。

住宅情報は何といっても、新聞や広告がスタートです。家族の好みや、それぞれのライフプランを考慮しながら、マイホームの外観イメージや間取りなど、自分はどんな家に住みたいのかをイメージしていったことでしょう。おそらく多くの人は、以下のことを自分なりにまとめたり、調べてみたのではないでしょうか。

・ライフスタイルを参考にして要望をまとめる。
・優先順位をつける。
・住宅展示場を見学するポイント。
・見積りをどこの会社に出すか。
・欠陥住宅を防ぐには?
・お金の問題を解決するにはどうするか。

これらの項目について言うと、様々な宣伝広告の中で似たり寄ったりのことが書かれていますよね。
また、雑誌カタログは、街角や駅構内、スーパーやコンビニでも気軽に入手できてバリエーションに富んでいます。情報量としても新聞や広告よりも多いのが特徴です。ただし、その情報全てが正しいかどうかは、個人個人が徐々に勉強していくか、私たち適値.comのようなアドバイザーを活用して、最終的には自分自身で判断することが大切です。

⇒適値ブログ 連載コラム一覧ページへ戻る

第1回:比較・検討はなぜ必要なのか?

2007-11-20

住宅を賢く購入するために

家は“人生で最大の買い物”と言われていますが、安心かつ納得のいくものを建てるまでには様々なステップがあります。たとえば、「土地も買ったし、住宅の購入資金も用意できたけれど、あとは誰に頼めばいいんだろう?」と悩んだとき、「とりあえず」近所の住宅展示を偵察に行ったとします。そこで営業マンに捕まると、他のどこと比べる間もなく家を建てることになりかねません。

確かに理想の家を建てるためには、「ブランド御殿にするぞ!」といって、頻繁に展示を開催している業界大手のハウスメーカーに一括して任せるという方法もありますが、住宅の価格をコントロールする業界の裏事情を知らないまま何もかも決めてしまうのは、コスト面から見てもったいないことです。場合によって、同じ条件でも業者次第では数百万円もの差額が出る可能性があるのです。より賢く夢を現実とするために、それが本当に適正価格なのかどうか、「お客さまご自身で比べる機会を持つこと」が何よりも大切だと私たちは考えています。

しかし、家を建てようと決めた人の多くは、やはりいくつかの業者を比較・検討するということをあまりしていません。 ハウスメーカー、工務店、設計事務所、大工のどこに最初に見積りを依頼しても、「提示された価格」に対応している間に、他の業者に見積りを頼んで比較・検討する時間が必然的にどんどん削られていくからです。また、最近は業者の手抜き工事や欠陥住宅、耐震偽装が問題になっています。「最終的にどこの業者に頼むか」を決めるためには、本当は以前にも増して慎重に調査を行わなければなりません。
選択肢があることを知って欲しい

家を建てる方法はたくさんありますが、専門知識を持たない人にとって、「信頼」と「予算」とのバランスを考える「情報」を整理することはとても難解です。しかも、時間と労力をかけてどれほどの情報が得られるのか、費用対効果を考えると疑問が残るところです。

第二回の「比較・検討をするメリット」では、こうした点についても詳しくお話しますが、あなたは数千万円の買い物をするとき、どの程度の時間をかけますか? 貴重な時間を「家づくりの仲人役」を介することで上手に使い、無駄をなくして他のことを検討する時間に回すのも、住宅を購入するうえでの課題ではないでしょうか。

私たち「適値.com」は、これから家を建てようと考えているお客様に代わって、ご要望をお伺いしながら条件を確認します。そして各業者に一括して見積もりを出し、それを比較して詳細を説明・アドバイスしながら、建築コストを削減してお客さまに合った1社を見つけ、住まいを適正価格で手に入れるためのお手伝いをさせていただきたいと思います。

⇒適値ブログ 連載コラム一覧ページへ戻る

第4回:「5年後の未来、自分はどうなっている?」 その3

2007-11-12

カスタムは日本の文化

これから定年を迎える50代半ば~60代の方たちには、仕事をリタイアしてから死ぬまでに時間がたっぷりあります。
前向きになれる趣味を持つか持たないかで、大真面目に今後の人生に差が出てくるでしょう。
皆さんは「これが好きだ!」と言える趣味がありますか?

私の趣味は「バイク」になります。しかも、海外で購入したマシンを、手間をかけて日本へ運び込むという凝りようです。たまに「何でそんな面倒くさいことをするの?」と不思議がられますが、それは海外のバイクに心ひかれるからとしか答えようがありません。カッコイイバイクの後ろにカワイイ女性を乗せて、湘南辺りを颯爽と走ったら最高ですよ。―もちろんこれは例えですが、そんな時間が取れたらいいなと思っています。

そんなわけで私はバイクが好きです。さらに乗ることいじることを趣味にしています。本をただせば若い頃の、「ものづくりがしたい」という気持ちが出発点でした。ただし、当時ハマッていたのはバイクではなく車。
このブログを見てくださっている男性の中にも、愛車をいじるのが好きだという方は多いと踏んでいますが、私も車の改造には熱中しました。とは言え、「車の改造」=「暴走族・走り屋」のようなイメージを持っている方もかなりいるかと思います。残念ながら(?)、性能を高めてゆきたいと思って行う改造ですので悪いことはしていません。
手を加えることで車の快適さがどんどんアップするのが楽しかったのです。

昔と比べて、今の車はコンピュータチップで管理され、性能の高いものになっています。素人がうっかりいじれるような代物ではありません。それでも私は、手先の器用さを活かして発展してきた日本人であるからこそ、「何かをつくる、カスタムする」という意識だけは大切にしていきたいと考えています。

インターネットで最新の情報を得ながら各国を移動し、バスで暮らしたりバイクでふらっと出かけたり。私の未来予想図がこれからどの程度実現するのかはまだ分かりませんが、頭の中は将来のプランでいっぱいです。皆さんも、折りをみつけて自分にあったライフスタイルをいろいろシミュレーションしてみてはいかがでしょうか。

⇒適値ブログ 連載コラム一覧ページへ戻る

第4回:「5年後の未来、自分はどうなっている?」 その2

2007-11-10

面白いことに飛びつく

引き続き中国ネタになりますが、ここ数年、中国沿岸部の大都市では不動産価格が暴騰しています。さらに値上がりするだろうと期待して、多くの人が購入を競っていることは新聞やニュースでもたびたび紹介されていますよね。昔ながらの街並みを見下ろす形で建設されていく大規模なビル群や新築住宅の工事風景も、上海や北京、大連などでは当たり前の光景になりつつあります。

数十年前にバブル景気と崩壊を経験している日本人からすると、こうした急速な発展は同様の結果につながる道として見えなくもありません。その一方で、家という高額商品を購入できる富裕層がかなり存在するんだな、という現状もうかがえて面白さを感じてしまいます。上海では所得格差が50倍まで広がっていると言われており、人々の暮らしの平均が実際にはどこにあるのかはっきりしませんが、中国マーケットが魅力的であることだけは確かです。
それに向こうの建設事情は面白いんですよ。

たとえば、中国での一般的なマンションは内装と設備の工事が終わっていない状態で売り出されます。内装は別料金で別会社が請負、100平米という専有面積を約200万円で一式仕上げてくれるとか・・・。実際に日本の何分の一という値段で済むため、現在では日本からも日本人購入者向けの内装業者が多く中国へ進出しているそうです。
今後、元は間違いなく上がっていくため、私のように世界を飛び回りたいという方は早めに拠点を持っておくと良いかもしれません。中国経済の発展性とスピード、金儲けに対する貪欲な姿勢に驚いていたら時流に取り残されてしまうでしょう。

では、逆に。私たちはどんな風に見られているのか。
やはり「日本人は働きすぎ」だそうです。指摘されて改めて気づきますが、ゆとりって?家族って?自分の時間って?と、こうしたことを考える「暇」も確かに必要ですよね。そして、暇な時間を無為に過ごさないために「長く続けられる趣味」を持つことの大切さを実感します。
⇒適値ブログ 連載コラム一覧ページへ戻る

第4回:「5年後の未来、自分はどうなっている?」 その1

2007-11-01

Web時代の恩恵

バスを買って住みたい。―少し前にもそんな話をしたと思います。実際、たまにテレビで紹介される「珍しい生き方をする人」の中には、古くなったバスを買い取って改造し、居心地の良い棲家にしてしまっている人もいますが、私もまさにソレ。違いと言えば、彼らが一ヶ所に定住するタイプであるのに対し、私は各地を移動して回りたいという好奇心旺盛型であることです。

さて、男のロマンと言っても過言ではないバス生活ですが、どこにいても仕事をしたい私にとってインターネット環境は欠かせません。幸いにも、今後ますますインターネットのワイヤレス化が進んで行くはずなので、できればFMのような状態になることを期待しています。そうなれば出社する手間も省けて好きなときに会議が出来ますし、その他諸々の自由度だってグンとアップしますよね。移動しながら仕事に取りかかれるということはメリットがいっぱいです。

そもそも、「コミュニケーションが大切」と声高に叫ばれる時代とはいえ、実務の中では必ずしも毎回必要とされるスキルではありません。パソコン世代の若者がもっと引きこもってしまうのは困りますが、一ヶ所に拘束されることがなくなると費用対効果の観点から見てもメリットが大きいように思えます。
5年後、そんな世界が見えませんか?

それに私は、昨日までまた中国に出張していたのですが、向こうの人はライフスタイルの延長上に仕事があるんだなということをしみじみと感じました。オフィスもリージャス(世界60カ国の750カ所以上にレンタルオフィス・会議室をもつビジネスセンター)のようなビル内に、こぢんまりとしたものを構えています。「家で仕事をするものいいけれど、ずっと閉じこもっているのは嫌だ」という人、「気持ちを仕事モードに切り替えたい」という人が、“ちょっと出社してリフレッシュするため”にブースを借りているのでしょう。

しっかりとしたオフィスなどなくても、インターネット環境さえ整っていれば十分なのです。
⇒適値ブログ 連載コラム一覧ページへ戻る

« 古いトピック 新しいトピック »
Copyright(c) 2007 適値コム(tekine.com) All Rights Reserved.