連載コラム

こんなに便利なのに・・・

最近のユーザーは「比較する。」という行為になれている方々が多くなりました。 比較ドットコムは有名なサイトですが、購入するものが色々な店舗で違う金額に なっているというのは、買いにくさにもつながりますね。 しかし、同じスペックであれば「安く買いたい!!」 これは人間誰しもが思うことですね。 .....

物の買い方論3

今回のテーマは物の買い方論です。 ゆえに住宅とは違うテーマを考えました。 でも、全然関係ない話をしても興味が無いと思いますので「家具」を 取り上げます。 住宅を設計するときに家具というものを忘れがちですね。 本来は家具が重要な設計に対するファクター(要素)です。 家具をどう設計するのか。に.....

物の買い方論2

前回は建築の見積もりの中で単位の「式」を注目しました。 1式でいくら?ですか。 良く使われる言葉ですね。 建築は「複合単価」という特殊なかたちで考えられています。 また、歩掛りという積み上げていく方法で数量を計算します。 しかし住宅はそのような方法論が確立化されていない為に千差万別な状.....

第2回:物の買い方論1

「適値」の由来 適切な値段を考えるという意味なのです。 文字で書くと簡単なのですが、実際にやると・・・難しいかもしれません。 物の中で住宅は一番高級な買い物ですね。 ゆえに購入する時に「よく考える」ことが重要なのです。 しかし、考えるという行為が具体的にどんなことなのか? ”さっぱりわかりま.....

第一回 適値講座

適値とは・・・・ 住宅の買い物は一般の方々にとっては生涯で何度もない高価な買い物です。 その買い物を一生懸命買わずにして如何するのでしょうか。 皆さんはいつも同じようなことを言います。 例えば、建築は専門でわからない・・・・とか。見積は取ったけれど、どうやって比較したらよいのか 分らない。と.....

第5回:「耐震偽装は一部の人だけの問題か」 その3

適値.comの“5大性能チェック” 耐震偽装についてお話してきましたが、「自分は絶対に性能が怪しい家なんて買わないよ(選ばないよ)」と思っている方がほとんどだと思います。しかし大前提として、「目に見える欠陥がある家」などありません。目に見えない部分に問題が隠れているからこそ、うっかり購入(建築の依頼).....

第5回:「耐震偽装は一部の人だけの問題か」 その2

第三者機関による検査 先月半ば、ある設計事務所の一級建築士が、横浜市に建設中のマンションで「構造計算書(建築構造の安全性を計算により確かめ、設計図書の一部として建築確認申請書に添付するもの。計算方法は建築物ごとに異なるので、専門家の構造設計が必要)」を偽造していたという報道がありました。工事は.....

第5回:「耐震偽装は一部の人だけの問題か」 その1

あなたは自宅の耐震性を気にしている? 先週末、内閣府は10月に行った「大規模地震対策に有効な住宅耐震補強について」の調査結果を発表しました。これは全国3000人を対象に行った世論調査で、1757人から回答があったそうです。なんとなく結果が予測できていた通り、約半数の人が補強工事を行う考えがないことが明ら.....

第4回:「嘘だらけの見積書」 その3

専門家だからできること 当たり前のことですが、家を建てたいと考える人は専門的知識を持っていません。それに適正な価格も分からないし、施工管理をすることだってあり得ません。また、工事中に何か起きても責任は取れず、その代わり色やデザインについて専門的なアドバイスがほしかったり、工事後の補償もしてほし.....

第4回:「嘘だらけの見積書」 その2

「一式」の中身とは? これから家を建てる人には、もっと「価格の不透明さ」について考えて欲しいと思います。とくに私が重視するのは、見積もりに書かれている「工事一式」という言葉です。一式とは一体どこまでを指すのか、業者によって価格差があるのなぜなのか、皆さんも不思議に思うことはありませんか。 こ.....

適値コム(tekine.com)