連載コラム

FFEを使った家具です。 ソファー&オットマン

2012-01-01

FEF を推奨している当社は建築コストをマネジメントすることで家具や什器、備品を購入することが出来ることが新しい建築の在り方として位置付けています。
*FFE(家具、什器、備品)を示します。

今回お知らせするのはソファー&オットマンです。

2種類のファブリック(生地)を使いました。
ヨーロッパ製と日本製です。(グレー部分は日本製です。)

クッションまでヨーロッパの生地ですから。

贅沢です。

このような家具は全てカスタムメイドなんです。
え・・・ソファーが作れるのですか?と質問を受けますが、建築コストをマネジメントして
家具や什器、備品などを取り揃えることができる適値って。

嬉しくなりますよね。

是非、適値をご利用下さい!!

家づくり 2012初 相談です。

2012-01-01

適値コムから2012お正月初相談実施しました。
相談タイトル:診療所設計依頼前に準備しておくこと

http://www.houseco.jp/qa/detail/656

ハウスコは有料です。
私は無料建築家として登録しているので、ご相談の時は下記まで。

http://tekine.com/contact.html

お待ちしています。

家づくり相談 連続10件回答しました。

2011-09-27
ハウスコの家づくり相談 10件連続回答しました。
話題はローコスト、建築業者とのコミュニケーション、追加支払い催促など。
さまざまです。
皆さまの住宅購入時で必ず検討しなければならないことが盛り沢山。
参考にされて下さい。

ハウスコ 家相談 実施中 18件連続回答しました。

2011-09-21

http://www.houseco.jp/qa/detail/597

URLは最後に回答したものです。

一回で回答をするのは至難の業です。

相談はinfo@tekine.com まで。

住宅の見積を比較・検討するプログラム配布中
住宅の見積で悩んだら

適値コム(テキネコム)by tekine.com より

ハウスコブログを更新しました。

2011-07-18

http://www.houseco.jp/profile/architect/4420/blog/entry/14470

鎌倉七里ガ浜の海、峯というサーフスポットと江ノ島を放映しています。

チェックしてみて下さい。

 

 

ハウスコの家づくり相談3件行いました。

2011-06-22

今回の悩みは・・・

1、 濡れた床下地、断熱材の対処法

http://www.houseco.jp/qa/detail/569

2、土地購入に迷っています

http://www.houseco.jp/qa/detail/570

3、地積90.10 40%・80%で3LDK

http://www.houseco.jp/qa/detail/571

テキネコムより。
と言うメッセージから質問にお答えしています。

是非、皆さんも参考にして下さい。
人の振り見て、我振り直せ。

非常に勉強になると思います。

住宅の悩みがあれば・・・まずはMAILで御相談ください。
(全国対応しています。)
フリーダイヤルもありますので御利用下さい。

http://tekine.com/contact/index.html

その他、WEBで情報発信していますので。
チェックしてみて下さい。

http://ameblo.jp/tekinecom/
http://tekine.com/column/
http://www.houseco.jp/profile/architect/4420/blog
http://keikakuin.exblog.jp/15625938/
http://www.houseco.jp/profile/architect/4420
http://www.keikakuin.net/

ブログシステムの改造にて

2011-05-30

皆さま。申し訳ありません。
現在、MOVABLE TYPEにて管理をしていましたが、バグがあり、オフィシャルサイトの更新を見合わせておりました。

対応の上、ミラーサイトの構築も完了したので、ブログを再開致します。

今後とも宜しくお願い致します。

テキネコム
管理部門

新しい適値サイトの構築

2011-05-11

適値コムを新しく構築しています。

見積を取ったら。適値コムにFAX、MAILしましょう。
なんと、見積比較・検証をすると。
効果が100万円単位です。(新築の場合)

現在、システムを構築中ですが、FAX、PDF、などでも
実施しています。

こんな買い方があったのか。と知る人こそ。得な情報です。

躯体検査その2

2011-03-27

躯体検査では色々なことをチェックします。 今回は建物の倒れ精度を検査してます。 3/1000未満なら施工誤差を許容する。つまりOKであると国土交通省が判断していますが 実際の場合、2~3ミリ程度で納めるのは大工の常識ですね。 これが5ミリ程度になると、少々考えもの・・・と言っても 躯体の倒れが問題になるのは開口部(窓廻り)などのチリという掛り代が無くなる ことでボートと枠やボードとボードの接合部分が合わなくなることです。 工業製品ではない、木材ならではの問題も多くあり、材料管理によって水分を 吸ってしまうことから起きる問題もあります。 含水量という木材に含む水分がどの程度であるか。 ということを管理することもあります。 検査によって、建物作り方が変わることは事実ですね。 材料によって変わることもあるので、完璧なものを作ることは非常に難しい ものですが、どこまでの手間をかけていくか。 このあたりも施工会社をどう考えるか。という点になるでしょう。 知るか、知らざるか。 どちらがよいでしょうか。 インフォームドコンセントという情報開示の時代ですから、 知っていることで悩みは増えても、後から知って苦しむより良いですよ。 検討して下さい。 (全国対応しています。) フリーダイヤルもありますので御利用下さい。 http://tekine.com/contact/index.html その他、WEBで情報発信していますので。 チェックしてみて下さい。 http://ameblo.jp/tekinecom/ http://tekine.com/column/ http://www.houseco.jp/profile/architect/4420/blog http://keikakuin.exblog.jp/15625938/ ⇒適値ブログ 連載コラム一覧ページへ戻る

tekineの完成系スタイル

2010-03-19

久し振りのアップとなります。

業務が忙しく・・・なかなか。アップできませんが
少しでも適値を理解して欲しいので、出来るだけ今年は挙げたいと思います。

さて、タイトルのtekineの完成系スタイル・・・とは。
なんだかわかりませんよね。

tekineとは住宅のコストを比較・検証・分析していくことでコストメリットを導ける。
ということです。
住宅の購入については色々なケースがあります。
その中で、今回のテーマである「完成系」とはずばり、4800万円のハウスメーカーと同じスペックが何と3000万円で決まりました。
つまり、1800万円の効果が出たのです。

そして4000万円で銀行融資限度額があるので、1000万円の追加仕様を付けることが
出来ました。

結果、5800万円の住宅を4000万円で購入されたことになります。

お客様は現在、その追加仕様の1000万円を楽しく選んでいる。状況です。

そんな購入が出来る適値(tekine)は理想の住宅購入の在り方を示します。
新しい住宅購入システムを是非、皆さまもご堪能ください。

フリーダイヤル:0120-948-898
住宅コストの比較・コストダウンは
Tekine.com適値コム

⇒適値ブログ 連載コラム一覧ページへ戻る

« 古いトピック 新しいトピック »
Copyright(c) 2012 適値コム(tekine.com) All Rights Reserved.