適値コム(tekine.com)

住宅のコストダウンを応援します

延床面積と電柱につきまして | 家づくり相談 | 建築家と家づくりをはじめよう

time 2014/05/17

質問:

写真
わりあい予算感に近く場所が気にいっている土地があります。
現在購入も検討しているのですが、2点気になることがあり
アドバイスなどいただければと投稿しました。

・北側道路4mに6.5m接道
・土地面積約87㎡(6.5m×13.4m)
・第一種低層住居専用地域
・建ぺい率40%、容積率80%

1)どの位のスペースが取れるのか
高さ制限は未確認ですが10mだとした場合、素人考えでは70㎡
に収まる間取りが現実的かと思ってしまいます。
ロフトや半地下など工夫の余地があるならば、もう少し増やす
ことは可能でしょうか。

2)電柱があることに対してのコスト上のデメリット
実は接道側の敷地前中央部分に電柱があります。
おまけに支線が2本出ています。
景観面・防犯面のデメリットは承知のうえなのですが、電柱が
あることで建築の制限が生じたり、コストなどに影響(作業が
しにくくなる等)はあるものでしょうか。

まだ土地は検討段階なのですが、今後の参考のためにもご教示
いただけたら大変助かります。
ざっくりとした質問で恐縮ですがよろしくお願い致します。

 

 

写真
適値コムからお知らせ致します。

建築コストと品質を研究しています。

ご存知かもしれませんが、敷地面積(土地面積)に建ぺい率を
かけることで建築面積が分かります。
平面的に動かせない面積です。
また、容積率はその建築面積に対して上に重ねることことが出来る
面積です。
よって、高さ制限が掛る場合や斜線制限などによって容積率通り
の面積が確保出来ない可能性があります。

ゆえにまずは専門家にプランニングして貰うことで、詳細情報と
有利なプランや対応をして貰えるので、専門家を見つけることを
お薦めします。

さて、電柱ですが
移設可能だと思います。電力会社へ相談することで工事対応
を検討すると思います。
また、作業として高さが建築物の高さとぶつかるなどの場合は
建設の工事会社が決まり次第対応すると思います。

当然、景観などの問題もありますので、北側に窓が付く場合などは
気になる可能性がありますね。

詳しくはメールにてお問い合わせ下さい。

info@tekine.com
適値事業部
コンシェルジュ担当: