適値コム(tekine.com)

住宅のコストダウンを応援します

第1回:比較・検討はなぜ必要なのか?

time 2007/11/20

住宅を賢く購入するために

家は“人生で最大の買い物”と言われていますが、安心かつ納得のいくものを建てるまでには様々なステップがあります。たとえば、「土地も買ったし、住宅の購入資金も用意できたけれど、あとは誰に頼めばいいんだろう?」と悩んだとき、「とりあえず」近所の住宅展示を偵察に行ったとします。そこで営業マンに捕まると、他のどこと比べる間もなく家を建てることになりかねません。

確かに理想の家を建てるためには、「ブランド御殿にするぞ!」といって、頻繁に展示を開催している業界大手のハウスメーカーに一括して任せるという方法もありますが、住宅の価格をコントロールする業界の裏事情を知らないまま何もかも決めてしまうのは、コスト面から見てもったいないことです。場合によって、同じ条件でも業者次第では数百万円もの差額が出る可能性があるのです。より賢く夢を現実とするために、それが本当に適正価格なのかどうか、「お客さまご自身で比べる機会を持つこと」が何よりも大切だと私たちは考えています。

しかし、家を建てようと決めた人の多くは、やはりいくつかの業者を比較・検討するということをあまりしていません。 ハウスメーカー、工務店、設計事務所、大工のどこに最初に見積りを依頼しても、「提示された価格」に対応している間に、他の業者に見積りを頼んで比較・検討する時間が必然的にどんどん削られていくからです。また、最近は業者の手抜き工事や欠陥住宅、耐震偽装が問題になっています。「最終的にどこの業者に頼むか」を決めるためには、本当は以前にも増して慎重に調査を行わなければなりません。
選択肢があることを知って欲しい

家を建てる方法はたくさんありますが、専門知識を持たない人にとって、「信頼」と「予算」とのバランスを考える「情報」を整理することはとても難解です。しかも、時間と労力をかけてどれほどの情報が得られるのか、費用対効果を考えると疑問が残るところです。

第二回の「比較・検討をするメリット」では、こうした点についても詳しくお話しますが、あなたは数千万円の買い物をするとき、どの程度の時間をかけますか? 貴重な時間を「家づくりの仲人役」を介することで上手に使い、無駄をなくして他のことを検討する時間に回すのも、住宅を購入するうえでの課題ではないでしょうか。

私たち「適値.com」は、これから家を建てようと考えているお客様に代わって、ご要望をお伺いしながら条件を確認します。そして各業者に一括して見積もりを出し、それを比較して詳細を説明・アドバイスしながら、建築コストを削減してお客さまに合った1社を見つけ、住まいを適正価格で手に入れるためのお手伝いをさせていただきたいと思います。

⇒適値ブログ 連載コラム一覧ページへ戻る