適値コム(tekine.com)

住宅のコストダウンを応援します

16坪旗竿地への長屋建築

time 2018/05/07

16坪旗竿地への長屋建築

さいたま市桜区で16坪の旗竿地に長屋の建築を検討しています。

この土地には現在、延床14坪弱の古家が建っていまして、
これを解体して、新たに2階建ての長屋を建築したいと考えています。

一部屋30平米弱の二部屋の長屋を、
コミコミで900万円以下でできないものでしょうか。

よいお知恵を拝借できれば幸いです。

【土地条件】
土地面積:16坪+2.4坪の共有持分
旗竿部分が6m、建設用の土地が縦6.6m×横7.3m
用途地域:第1種住宅地域
容積率:200%
建ぺい率:60%

この相談に回答しました

 

2018年 5月 7日
はじめまして。

込々で900万円以下にしたい。
面白い発想ですね
コミコミって、どんなものまでを含んでいるのでしょうか?
専門家からすれば、諸経費というものは発注者が負担するものです
設計費や工事費以外に負担金などの実費もあります

そのようなものを一切含めてしまう方法があるとしたら、
ご自身で出来ることを行う!ということだと思います

例えば、解体から自分で行い、産業廃棄物処理費や実費でかかるものすべて
ご自身で行う。
材料や建材もご自身で購入して取り付ける
当然、安全面や施工できないこともありますので十分気を付けて、配慮して
行わないと事件や事故になります

当然、時間が掛かりますが、ご自身で行うことでコスト的なことは時間と
切り離して考えることが出来るかもしれません

アメリカなどではDIYで出来ることは自分でやる。というのが普通なので
時間とやる気があれば可能でしょう

其処までは出来ない。という場合
先ずはプランを考えて、見積を取ることをお薦めします
3社以上見積をとり、何が違うのかを見極めて、ご自身で出来ることと
出来ないことを区分けします

そのような配慮を行い、実際に作るときにいくらになるのか。という
実際の出来るイメージづくりをしていくことが出来れば自分の予算
範囲で出来ることもあると思います

ローコスト住宅を応援する
tekine.com

コメント

  • ユーザーの返答 2018年05月07日
    takのプロフィール写真 @design works.Inc様

    回答、ありがとうございます。

    「できることは自分でやる」というのは大変納得できます。

    ハウスメーカーさん数社への問い合わせもし、ラフな最大価格も提示頂きました。

    解体一つとっても、最大150万円と言います。
    ハウスメーカーさんも、解体は専門業者に出すでしょうから、
    だったら、その分は自分で依頼することで、実コスト+仲介手数料は抑えられます。
    既存の植木や、エアコン等、自分で処理できたら、その分の見積もりも下がるでしょう。

    このように削っていけるものは削っていったとしても、
    建物の設計、土台づくりや建築そのものは、専門の業者にお願いしなくてはなりません。
    そのとりまとめも必要です。

    自分でやればコストが下がるといっても、
    素人がやったら時間がかかりすぎたり、品質が不十分というのでは意味がありません。

    それらをわかった上で、
    自分がイメージしている建物を、どのようにローコストで実現していくか。
    それにトライしてみたいのです。

    引き続き、検討してまいります。
    ありがとうございました。

    by 大槻 健 €2018年5月8日 3:47 PM

  • Transparent_2x2@design works.Inc
    返答をみました

    そうですね、一般の方がどのようなことが出来るか?
    ここがポイントですね
    例えば、解体工事で150万円とします
    その見積の内容を確認します
    見積の内容が余り無い場合はスケジュールだけでも聞いてみます

    業者さんが関与する場合は自分が出来そうな部分があるか、聞いてみるのも一つの方法ですね

    建築というのは自分で理解するにはかなりの時間が掛かります
    失敗もありますし、ケガもする可能性もあります

    専門家に頼むべき部分はどこかを、専門家と一緒に想像出来ること
    が重要です

    しかし殆どの専門家はそのようなことを嫌がるでしょう
    それは教える手間と完成度の低さや問題が多くなるからです
    殆どの方が断念してしまうのがこのポイントですね

    2018年 5月 8日 15:06

    by 大槻 健 €2018年5月8日 3:47 PM

  • @design works.Inc
    私どもが支援している分離発注は建材と労務を分けることから
    始まります
    それだけでもかなりコストを圧縮できます

    しかし、施主支給とは施主側が責任負担を理解できることなどが
    重要となります
    メーカー保証や保険で対応するなどの対応が必要です

    実際にメーカーや建設会社に依頼したものでも保険で対応不可
    と言われたものは殆ど直せないということも実情です

    ゆえに自分で購入して、自分でつくれたら、原価に違い金額に
    なりますね

    ローコスト住宅を応援する
    tekine.com
    2018年 5月 8日 15:06

    by 大槻 健 €2018年5月8日 3:48 PM

down

コメントする




*