適値コム(tekine.com)

住宅のコストダウンを応援します

鉄骨造スケルトンからの天井の処理

time 2018/05/18

鉄骨造スケルトンからの天井の処理

セルフリノベをする上での質問です。

築40年の重量鉄骨造の建物の1階部分をリノベして、ガレージにしようと思っています。

まずは天井と壁を作りたいのですが、そのうち天井について質問です。

現状では、2階の床と、鉄骨が剥き出しで見えている状態です。あと、1階の天井を吊り下げる用?の金具があります。

ここに、ある程度の断熱と、防音のために、天井を貼りたいと思っています。1階はガレージとして使うので、あくまで「ある程度の」断熱と防音で構いません。

もっとも簡単なやり方にしたいのですが、どの様にすれば良いか、アイデアを頂ければ幸いです。

単に白ペンキで塗り潰す、というプランも考えたのですが、やや断熱と防音に不安があるため、天井を貼らないといけないかも、と思い始めています。

助言を頂けたら幸いです!
よろしくお願いいたします。

  • 鉄骨造スケルトンからの天井の処理
  • 鉄骨造スケルトンからの天井の処理

この相談に回答しました

2018年 5月18日
はじめまして。

セルフリノベとは素晴らしいですね
天井を写真で見る限り、インサート的な金具が出てきますね
溶接ができれば、その金具を使う可能性があります
また、梁がありますので、鉄ビスやアンカーなどを使って下地を組みます
下地は仕上げを何にするかによって違います0
その仕上げのボードによって寸法が違います
その仕上げ材の寸法によって下地材を配置します
此処までのことが理解できないとご自身で行うには勉強が必要だと思います

防音や断熱も「ある程度」は非常に難しい判断になるので勉強が必要ですね
一般の方であればペンキで済ますということであれば簡単ではありますが
塗装も様々な種類があるので、知識が必要です

最後に天井が綺麗になれば壁も綺麗にしたくなりますよ

ローコストを応援する
tekine.com

down

コメントする




*