適値コム(tekine.com)

住宅のコストダウンを応援します

屋根の遮熱・断熱について

time 2018/06/20

屋根の遮熱・断熱について

今、自宅の設計を進めておりまして、屋根の遮熱・断熱に迷っております。
2階リビングの勾配天井なので、できるだけ暑さがこもらない家が希望です。

現状、屋根材はガルバリウム、その下に通気層をとって、50mmのフェノールフォームを入れる屋根断熱の構造で予定しています。断熱材の上には、遮熱シートを入れる形で予定しています。

ただ、屋根材のガルバリウムは放射率が低く(遮熱性が期待できる)、また、遮熱シートはあまり効果がないという情報もあります。通気層があるので、ガルバの日中の熱は空気に逃げていくのではとも思います。
そこで、遮熱シートをやめ、50mmのフェノールフォーム(外断熱)に加えて、ロックウール(充填断熱)を付加する形を考えています。

このようなアプローチについて、専門家としての御見解を頂けると助かります。よろしくお願い致します。

この相談に回答しました

2018年 6月20日
はじめまして
遮熱塗装というものも多くあります
ガルバが良いか?言われると基本的に金属なので蓄熱します
遮熱が高い素材を使うことだと思います
屋根下地間に遮熱材を入れることなど、断熱は天井裏に行う
ことになりますが素材は様々あります
還流する熱を放出することを基本としますが、機械排気などをしない限り
温度差による空気の流れは基本的に期待できません
排気と吸気の設計を行う必要があります
何処までを求めるか、によって決めるものですね

コストと品質の研究を行う
tekine.com

down

コメントする




*