新築。平屋と2階建て。 現在、ハウスメーカーと新築

2015-10-29

質問:

新築。平屋と2階建て。


現在、ハウスメーカーと新築で注文住宅の打合せを始めた所です。(全国規模の大手メーカーではなく工務店上がりの様な地元のメーカーです。)

夫婦+子供2人が暮ら

す間取りで、1階がリビングで2階に各自の部屋というごく普通の考えでいたのですが、メーカーの担当者がやけに平屋での建築を勧めてきます。

田舎の親の土地ですので、一般的な2階建てと考えた時の40坪位の建坪であれば平屋で建てられるスペースは十分あります。

担当者曰く、平屋の場合、同じ間取りであれば確かに坪単価は高くなるが、階段等が必要ないのでトータルの金額はそんなに変わらない。との事らしいです。
自分達の生活スタイルからして、ワンフロアで普段の暮らしが完結できれば確かに理想的だとは思います。

しかし改めて、平屋にしましょう!と勧められると、ちょっと…と言う感じにもなります。

金銭的云々含めて皆様だったらどうお考えになりますか?

補足土地は文筆の際、150坪までにして下さいと言われているので最高150坪です。
建坪ではなく、延床面積が40坪位と考えていました。

 

 

回答:

住宅のコストを研究しています

平屋か2階建ての比較ということでしょうか
コストで言えば、同じ床面積であれば、基礎工事部分が多くなる
と思われます

確かに階段がなくなることでのコストメリットはありますがコンクリート
ボリュームが多くなり、且つ土壌の状況によりますが、地耐力などが
ない場合は基礎工事が大きく変化します

建築工事の原価としては荷揚げや重機などの必要性がなくなることで
金額の圧縮は見込まれますが、売価に影響する話ではないので

平屋の場合は基礎工事の状況次第となります

建築条件としては都市計画区域内であると容積率、建蔽率という
2つの条件が敷地面積との関係性で建設出来る範囲が確定されます

150坪の土地と40坪居住スペースとの関係性は上記の法的チェック
の上で検討されていると思いますが。

その他、バリアフリーとして考えれば平屋の方が有利です
車椅子などを考慮すると平屋がよいでしょう

地元工務店であるとある程度話を進めると断りづらくなります
建築コストは大きく変動する可能性があるので、最低3社以上の
見積比較をお奨めします

適値コム

住宅のコストを研究しています

平屋か2階建ての比較ということでしょうか...

Copyright(c) 2015 Tekine.com 適値コム All Rights Reserved.