熱海に海が見え、庭がある家 | 家づくり相談 | 建築家と家づくりをはじめよう

カテゴリー:

未分類

質問:

はじめまして。

 2年前に熱海で海が見え、景観を楽しめる土地を購入しました。
 土地は、600㎡ぐらいあるのですが、30度の傾斜地になってます。
 平地は40坪ほどで、それ以外は傾斜になっていて、土地の形は扇型です。
 2階立ての160㎡ぐらいの家を建てたいと思っています。

相談したいこと
1.傾斜地を堰止めを建てって、庭つくり平地を設ける。
坪単価はどの位ですか。
2.工法の2×4、鉄骨、RCの坪単価を知りたい。
3.上記2.の工法でどちの方が耐震度が高い、また、ほかの工法はありますでしょうか?
4.傾斜地には杭打ちが必要ですか?
5.予算は4000万ですが、外構も含みで考えております。

 現在、海外在住ですが(中国上海)、
家を建てる時に帰国する、家を建てるまでの
打ち合わせ(ポイント時の1時帰国は可能です)、連絡は如何すればよいですか。

 

 

写真
適値コムよりお知らせ致します。

建築コストと品質を研究しております。

ご質問にお答えします。
1について:
・傾斜30度であった場合に崖という形になります。
その傾斜の高さを全て保護する場合は土木工事となり
費用もその施工方法によってかなり違います。
更に、平地の大きさによっても崖を切り崩すような場合は
開発行為になる可能性もあります。
ゆえに即答できるような条件ではないと思います。
現地確認を行い、詳細な情報が必要となります。

2について:
・工法それぞれの坪単価は一律の条件ではありません。
敷地条件や搬入条件などで施工金額も大きく変わります。
工務店や建設会社の事情によっても大きく変動します。

3について:
・耐震性というのは地盤状況でも大きく違います。
固体の強さと言う部分で言えば、RCが強固でありますが
鉄骨、木材であっても荷重負担が減るので一概にどれが
強いということは言えないと思います。
工法は細かく言えばさまざまあります。
ツーバイフォーと鉄骨の中間にあたるスチールハウスや
LVLなどの積層材を使ったパネル工法など・・・
まだその他多くの工法があります。

4について:
・傾斜地に必要であるかと言うことで言えばその傾斜地の
崖側に対する保護が必要と思います。
杭は建物に対する支持ですから、傾斜地との関係性は
ないと思われます。

5について:
・建物と外構(一般的な)と言う部分では可能性がありますが、崖や
その他の工事を考えると厳しいと思います。

連絡と言う意味が今ひとつわかりませんが
電話やスカイプ、MAILなどさまざまな連絡方法がありますので
対応出来ると思います。

詳しくはメールでお訪ねください。
info@tekine.com

適値事業部
コンシェルジュ担当:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
適値コム(tekine.com)