お客様事例

  • img_example_03 東京都 Oさま(会社員)

    大手メーカーに勤務する50代の会社員です。10年後に定年を迎える予定です。現在子供2人とマンション住まいですが、母親が一人暮らしをしている古い住宅を取り壊して、新築し同居する予定です。ハウスメーカー2社から見積りをとって … 続きを読む

  • img_example_01 新潟県Aさま(自営業)

    はじめまして。現在新潟県内で製造販売会社を経営しています。 このたび200~300坪程度の土地を購入して自宅兼作業場を建築したいと考えています。 今年中に着工したいのですが周りの新築工事を見ていると、工期がやたらと長く、 … 続きを読む

  • img_example_02 静岡県Bさま(会社員)

    はじめまして。現在独身で両親所有のいまの家を建て替えることを考えています。 一番の理由は、現在の家は耐震強度や耐火性能にとても不安があるからです。この点が一番の理由ですので最優先したい点です。 木造にすべきか、鉄筋にすべ … 続きを読む


テキネコム(アメブロ)

Error: Feed has an error or is not valid

  • 適値コムとは・・・何であるか。

    適値とは造語です。適切な値段という言葉を短くしたものです。世の中にある、値段はどのような意味で適切であるかを考え抜いたものです。
    適切を辞書で引くとどのように解説されているでしょうか。てき‐せつ【適切】 [名・形動]状況・目的などにぴったり当てはまること。その場や物事にふさわしいこと。また、そのさま。
    つまり、自分にふさわしいぴったりな値段のことを適値と称しているのです。その中で住宅の購入について、当社は取上げました。理由は非常に細かい見積と専門知識が必要だからです。自分にピッタリな住宅を購入する方法を考え出したのです。この考え方を知る事で自分の住宅がより購入しやすくなる。と思います。私どもが進める“適値”を理解して頂き、より良い住宅購入を出来ることが私どもの願いです。

    今までの住宅コストを考えるという概念はあまり存在していませんでした。当社は大規模開発などの特殊建設における建設コスト管理という新しい業務展開から生みだした技術を住宅版に置き換えたことから、新しい住宅コスト管理業務を生みだしたのが今回のサービス提供に至る経緯です。

    住宅の作り方は大きく3つあります。

    ・ハウスメーカー
    ・設計事務所
    ・工務店、建設会社

    この会社から見積を取り寄せ、当社に送るだけです。(FAX、インターネットなど)その検証結果がお手元に届きます。結果をオンラインサービスで解説する。(東京近郊であればお会いすることも可能です。)つまり、見積を比較、検証することで、コストの妥当性を確認できるという新しいサービスなのです。違う建設会社やハウスメーカーでも3社以上の見積もり比較、検証を行うことで確実にコスト効果が生まれる。のです。

    何故か。という理由ですが、見積というのは仕様と数量、金額を表しています。その条件を整理することで、どのような項目が数量と仕様は何であるか!金額はいくらであるか。を理解出来れば、コストとのバランスが確認できることから、コスト効果が生まれる理由なのです。

    建設という専門分野を理解するには技術や情報が必要ですが、当社の開発したプログラムによって、見積が整理され、一般の方に理解できるよう開発したのです。

    是非、この素晴らしいプログラムをお試しください。

    Tekine.com を導入することで何が違うのか !!!
    不安要素を無くし、自分中心で実行予算を作れることはコストをコントロールしていることになる。

    これが、これからの新しい買い物の仕方です。

    プラン作成の段階で不確定要素を極力なくし、プランの概算金額と最終工事価格をイコールにすることができます。 これにより、予算内で希望の家を建てることができ、結果的に建築そのもののコストダウンにつなげることができます。

    今までは、不確定要素(後から分かってくること、例えば細かい仕様や色など)を決めないで概算見積で契約してしまうことから後から追加コストが発生するなど。契約金額に対する精査(正しい金額を導く)業務が出来ないのです。

    ところが・・・当社の適値ではStudyという新しい考えかたを使います。

    イメージ概念をまず整理することで、外装、内装、外構などのエリアにその後、基本設計としてボリューム(容積)を算出後、ラフプランの策定を行ない概算見積を収集し(3社以上)を実施します。イメージがはじめに明確になり、3社の概算見積もりを精査することができるので、コストと仕様がより明確になることから改善効果が生まれるのです。

  • 一般の建築コストの推移

    建築のコストとは・・・

    当初の見積(概算)から最終的な意思決定に至るまで積上げていくのでコストは増加していくことになる。

    • 仮に建設予算限度金額が後から分かると・・・ 今までの仕様やグレードは出来ないと言われ・・・
      スペックダウンすることになる。

      何をどのようにスペックダウンされたか・・・  専門家でなければ見つかりません。

      ここが、金額に見えてこない。コストダウンなのです。

      適値のコストとは・・・

      当初の見積(概算)から建設予算限度額を比較、検証などで確立してから行うことによって予算範囲内での設計展開をするため、最終的な追加工事やFFE(家具、備品)などの建設工事以外の目的に予算を運用できる。

      初期の段階でスタディーを完成し基本設計にて概算見積を3社以上評価すること。

      更に実施設計で最終的な仕様と金額を予算範囲の中で運用することで効果が常に発生するのです。

      また、概算見積の精度を高めることによって、圧縮できる項目などを見つけることでコスト効果は進化します。

      これが“適値の技術”なのです

      オレンジ色部分が効果金額を示す。

    Copyright(c) 2011 Tekine.com 適値コム All Rights Reserved.